40代の終活⁇ エンディングノートに何を書けばいいの?

こんにちは。「エンディングノートを1人に1冊書いて欲しいなぁ」って思っている、久木野ナビゲートの“クキナビちゃん”です。

人生100年時代の今、40代はまだ人生の前半。40代での終活は早すぎるのでは?と思っているあなた…実は終活において「早すぎる」ということはありません。

どうしてエンディングノートを書かないといけないの?

エンディングノートは、あなたの想いや今の状況などを大切な人へ伝えることの出来るノートです。家族に隠しているわけではなくても、家族が知らない情報が多いのではないでしょうか?例えば、金融機関のパスワード、携帯電話、パソコンのパスワード、資産や借金(ローン)他…それを正確にを伝えるには、元気な若い時からエンディングノートを書いておきましょう。若いあなたが、もし万が一の事があった時、家族にメッセージとして残すことが出来ます。エンディングノートをどのように書くかで、家族にとっては形見になったり、その後の大切な家族の生活が過ごしやすくなると思います。

万が一の事があったらどうすればいい…?

若い年齢で 万が一の事があったら 家族の精神的ダメージは大きすぎます。人は年齢を重ねるごとに、死を受け入れる準備が出来ていきます。年を取った親が亡くなる時は、そなりの心の準備ができるものです。しかし若い家族が先に亡くなったとしたら、その死は中々受け入れられないかも知れません。精神的にも心配です。そんな時にあなたからのメッセージが残されていればその後の人生の支えになるかもしれません。大切な人へのメッセージもエンディングノートに書いておくと良いでしょう。

書いておくべき項目は?

もし病気になったら…病名は知りたい?延命治療はどうする?

もし要介護になったら…費用はどうする?介護施設に入る?

もし亡くなったら…臓器提供はする?保険に加入してる?葬儀の費用?場所は?呼んで欲しい友人は?相続財産は?ペットはどうする?…他

書き残しておく事はたくさんあります。エンディングノートには書く項目がわかりやすく記してあるのでノートに書いておく事で、 万が一の事があった 時に必ず家族の負担が軽くなります。

記入したら、家族に伝えましょう。

まとめ

伝えたいことが出来れば、その都度エンディングノートに記入していく。家族構成や伝えたい事、考え方、あなたの状況も日々の生活の中で変化していきます。その度にエンディングノートの記入した項目を見直しをする。大切な人のためにノートは気長に書いて行きましょう。

終活の相談、エンデイングノート書き方講座、生前整理セミナーなども開催しています。気になる方、ご質問のある方は、お気軽にお問い合わせください。

公式ホームページはこちら

公式LINEをはじめました

久木野ナビゲートの公式LINEです。

QRコードを読み取るか、「友だち追加」ボタンをクリックいただくと、友だち追加できます。

お気軽にご登録ください。

 

 

 

この記事を書いた人
クキナビちゃん

終活ライフアドバイザー。久木野ナビゲート代表 宮崎県全域で終活相談、終活、エンディングノート、生前整理などセミナー講師活動を行う。終活の資格検定講師として資格取得を目指す方の検定も行う。ファイナンシャルプランナーとしてお金に関する相談業務も行う。

クキナビちゃんをフォローする
エンディングノート
クキナビちゃんをフォローする
大切な人へ伝えるエンディングノートの書き方
タイトルとURLをコピーしました